ステップごとに覚えよう!

ステップ1
まずはここ。ホームページとは何か?~SEOの意味について解説。


ステップ2
ホームページを作る上での準備について解説。


ステップ3
htmlとは?書き方や確認の仕方について解説。


ウェブマスターツールにサイトを追加(登録)しよう!

前回「無料ブログからリンクを送ってインデックスさせよう!」というお話をしました。
 
元をたどれば「検索エンジンにページをインデックス登録させて検索結果に表示させよう」の内容を更に細かく説明しています。
 

 
本日は【「2」Fetch as Googleでインデックス登録】についてお話していこうと思います。

と、その前に「Fetch as Google」を使うには、グーグルのアカウントを取得してウェブマスターツールにサイトを登録する必要があります。

まずは、グーグルのアカウントを取得してみましょう。
こちらで画像を用いて詳しく説明されています。
http://netshop-kaigyo.biz/netshop-sakusei/googleaccounts/

ウェブマスターツールにサイト追加(登録)

グーグルのアカウント作成ができたら、早速あなたのインデックスさせたいサイトを登録する作業を行います。

 
▼ウェブマスターツールURL
https://www.google.com/webmasters/tools/?hl=ja

ログイン後に以下のようなページが表示されます。

グーグルアカウントログイン後

ちなみに、以下のような電話番号を入れるページが出てきたらスキップすることも可能です。

電話番号をスキップ

さて、話が前後してしまいましたが以下のエリアに、あなたがインデックスしたいサイトもしくはブログのURLをいれます。

サイトURLを入力する

ここでは参考例として、当サイトでご紹介している「ホームページ作成 初心者 テストウェブサイト」を追加してみます。
http://hp1tsukurikata.web.fc2.com/
(ちなみに、FC2の無料サーバーを使用しています)

 
「http://」を抜き、URLを入れて「サイトを追加ボタン」を押すと、以下のようなページに切り替わります。

所有権を確認するページに遷移

所有権を確認する作業です。
これは、本当にあなたがサイトの持ち主または関係者なのかを確認しています。

 
いくつか確認する方法はありますが、「おすすめの方法」をおこないます。

以下の、1~4の方法です。

おすすめの方法

まずは「1」より、このHTML確認ファイルをクリックし、必要なファイルをダウンロードします。

ファイルのダウンロードディスクトップもしくは任意の場所にファイルがダウンロードできたのを確認します。
(参考例では、「HTML確認ファイル」というフォルダを作り、その中にダウンロードしています)

 

次に「2」ですが、ホームページのデータが格納されているサーバーにアクセスし、
アクセスしたら、先ほどダウンロードしたファイルをアップロードする作業です。

レンタルサーバーにファイルをアップロード(index.htmlが置かれている同じ階層に、ファイルをアップロードします)

※サーバーとは?アップロード?という人はこちらをご参考にして下さい。

 

 

サーバーにアップロードしたら、「3」ブラウザで、http://~html ←リンクが貼られている部分をクリックします。
クリック後、以下のようなページがブラウザで確認できればOKです。

ブラウザで確認
最後に「確認」ボタンを押して完了です。
すると、所有権が確認されました、というメッセージが表示されます。

所有権が確認されました、メッセージ

「続行」をクリックすると以下のような、ウェブマスターツールのサイトのダッシュボードに移り変わります。

ウェブマスターツールのサイトのダッシュボードこの画面が出てきたら問題なく、サイトが追加されているということです。
もちろん、追加(登録)したばかりなので、ステータスなどのデータは存在しません。

 
お疲れ様でした!

 

※作業&確認日時20140908
(登録&追加作業をおこなうタイミングによっては上記のイメージと異なる場合がございますので、予めご了承ください)

 
次回は、本題の「Fetch as Googleでインデックス登録」の流れをお話したいと思います。