ステップごとに覚えよう!

ステップ1
まずはここ。ホームページとは何か?~SEOの意味について解説。


ステップ2
ホームページを作る上での準備について解説。


ステップ3
htmlとは?書き方や確認の仕方について解説。


html基本構造について タグとは?htmlルールとは?

本日は、前回のページで書いたhtmlについて解説していきたいと思います。
下記の画像をご覧下さい。

まずは、冒頭に文書型宣言を記述します。
(この部分の閉じるタグはありません)

文書型宣言についてはこちら

1、タグとは?

ここでいうタグとは、htmlタグのことを示します。
以下の様なものです。

・<body>
・<header>
・<html>
・<p> (今後使用していきます)

これらをタグと呼びます。

例えば、文章として表すならば下記のようなイメージです。

「bodyタグな中に、文章を書くことでページに反映される」

2、タグには始まりと終わりがある

タグには、始まりタグと終わりタグ(閉じタグ)があります。

例:

<body>
テキスト
</body>

終わりタグ(閉じタグ)には、スラッシュを付けます。
これらの形は固定で変わることはありません。
ですので、覚えてしまいましょう。

3、htmlには決まりがあります

冒頭のイメージ画像を見ていただけるとわかりますが、下記のような順番で書かれています。

<html>
<head></head>
<body>
</body>
</html>

上から、
html
head
body
となっていますが、この並び順は基本変わりません。

■例えば、以下のようなhtmlの書き方は誤りです。

<html>
<body>
<head></head>
</body>
</html>

↑↑↑「誤り例」

bodyの中にheadタグが入ることはありません。

たまにこれらのようなことが原因でホームページが上手く表示されなかったり、
エラーになることがあります。

※終わりタグ(閉じタグ)がなくても同じです。

これらのことを注意しながら、htmlの基本構造をしっかり把握しましょう。

4、事項について

次回は作ったhtmlファイルをブラウザで確認する作業を行なっていきます。