ステップごとに覚えよう!

ステップ1
まずはここ。ホームページとは何か?~SEOの意味について解説。


ステップ2
ホームページを作る上での準備について解説。


ステップ3
htmlとは?書き方や確認の仕方について解説。


htmlファイルをブラウザで確認しよう ブラウザとは?

本日は、作ったhtmlファイルをブラウザで確認していきます。

ところでブラウザって?という方のために、簡単にご説明していきます。

1、ブラウザとは?

ブラウザとは、普段皆さんがインターネットをしている際に使用するソフトになります。
インターネットを使用する時に、ダブルクリック(もしくはワンクリック)し開かれるソフトのことです。

 

ブラウザにはいくつか種類があり、主に以下のものが挙げられます。

・Internet Explorer
・Mozilla Firefox
・Google Chrome
・Opera
・Safari

など。

 

何を使ったらいいの?よくわからない。。
と感じる方もおられるかと思いますが、一番利用されているといわれる、
「Internet Explorer」を利用
しておきましょう。

当サイトでも「Internet Explorer」を利用し解説していきます。
(バージョン8)

 

■バージョンについて

ブラウザにはバージョンがあり、日々新しいものに変化していきます。
特別の理由がない限りは、常に新しいバージョンのものをアップデートし利用していきましょう。

 

2、ブラウザでhtmlファイルを確認しよう

では、ここからはブラウザを使って作ったhtmlファイルを確認していきます。
下記の画像をご覧下さい。

1、まずブラウザを開きます。
2、次にhtmlファイルの保存先を表示します。
3、最後にhtmlファイルをブラウザにむけてドラック&ドロップします。

すると、ブラウザにhtmlファイルの内容が表示されます。
これがいわゆるホームページ(ウェブページ)になるわけです。
内容はこれから増やしていきます。

 

3、ローカル環境でのブラウザ確認

どうでしょう。ご確認できましたでしょうか?

これは、自分自身が使っているパソコンの中だけの確認(ローカル環境)となります。
実際は、レンタルサーバーにアップロードしインターネット上に公開するわけです。
ただ、表示や内容の確認をする度にサーバーにアップロードすることは手間ですし、
サーバーに負担をかける可能性もあります。

 

その為、サーバーにアップロードする前にローカル環境で自分の作ったホームページの確認作業を行い、しっかり完成したものを最終的にアップロードしていきます。

 

4、事項について

次回はhtml文字コードについてふれていきます。