ステップごとに覚えよう!

ステップ1
まずはここ。ホームページとは何か?~SEOの意味について解説。


ステップ2
ホームページを作る上での準備について解説。


ステップ3
htmlとは?書き方や確認の仕方について解説。


無料のレンタルサーバーと有料のレンタルサーバーの違いとは?

前回「ホームページとはなんだろう?難しく考える必要はありません。」の続きです。
ホームページを作る時にまずすべき事は、レンタルサーバーの確保が必要になります。

レンタルサーバーとは?

ホームページを作るにはレンタルサーバーが必要で、イメージとしては家を建てる土地みたいなものとお話しました。
少し具体的にお話すると、ホームページはプログラムや画像などの色んなファイルデータから構成され作られています。

ホームページを置くための土地

家を作る時も設計から色んな部品やモノなどが必要になるかと思いますが、それと一緒です。

そして、そのデータを設置するところがサーバーになります。
サーバーはインターネット上の土地のようなものです。

どんな種類があるの?

サーバーにはさまざまな種類がありますが、例えば個人や小規模でホームページを運営する場合、レンタルサーバーを利用するのが一般的です。その名の通りレンタルします。
そのレンタルしたサーバーにホームページに関するデータを設置してあげることで、
初めてインターネット上にホームページが存在することになるのです。

レンタルサーバーには有料と無料のものがあります。
仕事で利用しない場合は、初めてホームページを考えているのであれば、無料のレンタルサーバーでも良いと思いますが、
逆に仕事で使うなら有料のものをレンタルすることをおすすめします。
昔に比べて現在は安価でも高品質なレンタルサーバーを借りることができます。

無料のレンタルサーバー

無料のレンタルサーバーというと、FC2や忍者、または契約しているプロバイダに無料で使用できるスペースがあったりします。

有料のレンタルサーバー

有料のレンタルサーバーはというと、ロリポップやさくらサーバー、エックスサーバーなどが挙げられます。
(代表的なものを取り上げています。他にも沢山ありますので、後でご紹介出来ればと思います)

無料と有料の違いとは?

無料レンタルサーバーは、もちろんお金がかかりません。
その分、使える領域が少なく安定性にかけます。
家(ホームページ)と土地(サーバー)で例えるなら、地盤がゆるくしっかりしていない為、
地震などきた場合、家が損傷する可能性があります。

また、広告などが表示されているケースが多いです。
これは消すことは基本できません。
後は、独自ドメインが不可なところもあります。

無料で使わせてもらえる分、自分の思い通りにいかないこともけっこうある感じですね。

逆に有料レンタルサーバーはというと、お金がかかる分、かける分、それだけのサービスを受けられるということです。
使える領域が無料のものより格段上だったり、サーバーも安定していたり、もちろん独自ドメインも対応しています。

 
これらは契約するレンタルサーバーによって異なりますが無料より質が良いということは確かです。
目障りな広告ももちろん表示されることはありません。
また、cgiなどのプログラムも動作するので動的なホームページを作りやすいというメリットもあります。

 低価格で人気のレンタルサーバーはこちら