ステップごとに覚えよう!

ステップ1
まずはここ。ホームページとは何か?~SEOの意味について解説。


ステップ2
ホームページを作る上での準備について解説。


ステップ3
htmlとは?書き方や確認の仕方について解説。


無料、有料サーバーそれぞれのメリットとデメリットとは?

ホームページを作る際に必ず必要となるレンタルサーバーですが、初心者の人のために「無料」と「有料」のレンタルサーバーそれぞれのメリットとデメリットをまとめてみました。
レンタルサーバーを契約する前に「自分にとってどちらが適しているのか」わかる内容となっていますので参考までにしてみてください。

メリットとデメリット

無料レンタルサーバーのデメリット

まず無料レンタルサーバーのデメリットについてですが、無料ということでサーバーが不安定というところです。
不安定ということは、ホームページに接続しずらかったり、ページが開けなかったりというような現象が起きることがあります。
また、いらない広告なども表示されてしまいます。

そして一番やっかいなことは、無料レンタルサーバーで作成したホームページはいつなくなってもおかしくないという点です。
それはそうですよね。無料で使わせてもらっているわけですから、サービスが停止しても文句の言い様がありません。

以前、私が経験したことですが、無料でレンタルサーバーを借りてホームページを運営していたところ、サーバーのトラブルか何かでホームページがなくなってしまいました。
復旧作業は難しいという告知があり、やむを得ず諦めました。

無料レンタルサーバーのメリット

逆にメリットですが、第一にお金をかけずにサーバースペースを借りられるということですよね。
これは皆さんお分かりの部分だと思いますが、ということは、いくつでも無料で借りることができ利用できるということです。

もっと言えば、デメリットをわかった上での利用で良ければ、多くのホームページをすべて無料で立ちあげて色々なことに使えるというわけです。
初めて独学でホームページを作る際に利用するのもありですし、趣味サイトなどであれば問題なさそうですよね。

ただ、無料レンタルサーバーは、無料だけに規制などがあり出来ることが限られています。
これらはサービス提供元によっても異なるので初めに確認しておくと良いでしょう。

有料レンタルサーバーのデメリット

有料レンタルサーバーの悪い点と言ったらお金がかかってしまうくらいだと思います。
月々数百円~数千円くらいで、これはレンタルするサービスによります。

おすすめのレンタルサーバーサービスはこちら

有料レンタルサーバーのメリット

お金を払って利用するわけですから、無料にはない、それなりのものを提供してくれるわけです。
この点が良い点、メリットになります。

有料レンタルサーバーの場合、色々な機能が付いてきます。
メールアドレスが持てたり、独自ドメイン対応であったり、サブドメイン、cgiやphpが使えたり、データベースが利用できたり、ブログが使えたり、メールフォームが使えるところなど、借りるレンタルサーバーにもよりますが、他にも色々と機能や特典など、無料レンタルサーバーでは出来ないことが有料レンタルサーバーを利用することによって出来るようになります。

勿論、邪魔な広告なども表示されませんので、自分の思うがままにホームページやブログを立ち上げることが可能です。